ここは絶対に押さえたい!ファクタリングの審査を通る為のポイント

2019年09月04日(水)

ファクタリングの審査に通るには、定期的かつ直近の売掛金を譲渡することが理想です。また、売掛先の属性も審査の対象となります。


風俗業界やギャンブル業界といって特定の業種からの売掛金は買い取らないファクタリング会社もあるので注意しましょう。さらには、面接で誠実な対応をとり、二重譲渡のリスクなどを匂わせないことも大切。なかには、個人はもちろん、個人事業主からの債権をファクタリングの対象外としている会社もあります。

売掛金は定期的に発生している方が良い

ファクタリング会社に譲渡する売掛金には、大きく以下のような2種類があります。
*毎月安定して発生するもの
*突発的に発生するもの

安定して発生する売掛金であれば、未回収というリスクを回避できますが、突発的に発生するものは、未回収に終わってしまうという可能性があります。
ファクタリングの審査に通るためには、毎月安定して発生する売掛金を譲渡する方がよいでしょう。仮に突発的に発生した売掛金をファクタリング会社に譲渡できたとしても、通常より高い手数料を設定される恐れがあります。

直近の売掛金の方が審査に通りやすい

毎月安定して発生する売掛金であっても、直近で入金予定の売掛金の方が、ファクタリングの審査に通りやすいといえます。
例えば、1ヵ月先の売掛金と6ヵ月先の売掛金では、1ヵ月先の売掛金の方が、当然審査に通りやすくなります。

売掛先の属性も審査に影響

ファクタリングの流れとして、売上金は一度、ファクタリングを申し込んだ企業に振り込まれます。
その後、申込み企業がファクタリング会社へ送金します。この際、申し込み企業が売掛金の未払いや売掛先の破綻といった責任を負いません。
そのため、ファクタリング会社は、売掛先の信頼性や属性を細かに調査します。

ファクタリングを申し込む際は、自社の属性だけではなく、売掛先の属性もしっかりと理解しておきましょう。
なかには風俗業界、ギャンブル業界の債権買取に対して消極的なファクタリング会社もあるため、このような業種からの売掛金は審査で落ちる可能性があることを理解しておくとよいでしょう。

ファクタリング会社による調査は売掛先にはばれない

ファクタリングでは売掛先にファクタリングを行っていることが知られないかが問題点として挙げられます。ですが、ファクタリング会社による売掛先の調査では、直接連絡するようなことはなく、帝国データバンクをはじめとした、さまざまな登記情報によって行われます。

申し込み企業の信用性

ファクタリングでは申し込み企業の信用性も審査として判断されます。
融資ではないため、債務状況などを事細かに調べるのではなく、面談時の対応や必要書類をきちんと期日までに準備しているか、キャッシュフローが明確になっているかなどが問われます。

ファクタリング会社が危惧するのは、売掛金の二重譲渡です。ファクタリングを申し込む企業のなかには、故意に売掛金譲渡を複数のファクタリング会社に申し込み、利益を生もうとする企業もあります。
このようなリスクがある会社と思われないためにも、ファクタリングを申し込み際は、誠実な対応が求められます。

二重譲渡は詐欺行為にあたる

売掛金の二重譲渡は詐欺行為にあたります。
2社間ファクタリングの場合、売掛先に債権が譲渡されたことが通知されないため、ファクタリングを申し込んだ企業がファクタリング会社に売掛金を譲渡します。

そのため、他のファクタリング会社にも申し込むことが不可能はありません。このような二重譲渡は、計画的はもちろん、故意でなかったとしても、違法行為なので、必ず売掛金は一社に譲渡するようにしましょう。

個人の債権はファクタリングの対象外になるケースも

ファクタリング会社のほとんどが、個人の債権をファクタリングの対象外としています。その理由は、個人の場合、債権回収のリスクが高いうえに、信用性を調査できないというところにあります。そのため、個人の債権でのファクタリングを申し込んだとしても、審査で落ちる可能性があります。

また、なかには個人事業主からの債権であってもファクタリングの対象外としている、ファクタリング会社もあります。
まずは、申し込もうとしてファクタリング会社が、どのような債権をファクタリング対象としているかを確認しましょう。

  |  

  • 資金調達可能額診断
  • お問い合わせ
電話