2019年08月07日(水)

ファクタリングの手数料は売掛先の信用、取引される金額、事務手数料といった3つの要因に加え、2社間ファクタリング、3社間ファクタリングで手数料が異なります。


ファクタリングの手数料は売掛先の信用、取引される金額、事務手数料といった3つの要因に加え、2社間ファクタリング、3社間ファクタリングで手数料が異なります。2社間ファクタリングの場合、10〜30%が、3社間ファクタリングの場合は1〜5%が手数料の相場です。ただし、医療ファクタリング、国際ファクタリングは3社間で行われますが、手数料の相場は10〜20%と、2社間ファクタリング並の手数料が相場とされています。

ファクタリングの手数料が変動する3つの要因

ファクタリングの手数料は、1%の場合もあれば30%の場合もあります。
このようにファクタリングの手数料は幅が広く、以下の3つの要因から適切な手数料が決定します。
*売掛債権のリスク
*取引される金額
*事務手数料

ファクタリングは売掛先の信用が欠かせない

ファクタリング会社は、申し込んだ企業が受け取る売掛金を譲渡してもらうことで、資金を提供します。そのため、売掛先が売掛金を適切に支払えるかどうかという信用情報を重要視します。

ファクタリング会社が売掛先を審査して、売掛金の支払い能力があることがわかれば、低い手数料で済むのに対して、売掛金の支払い能力が乏しいとなれば、高い手数料が設定されてしまいます。

取引される金額が多ければ手数料は低くなる

取引される金額によってもファクタリング手数料が変動します。
ファクタリング会社にとって、取引金額が多ければ低い手数料でも十分な収益が生まれます。一方、取引額が少なければ手数料を高くしなければ収益に繋げられません。

事務手数料は登記の必要有無によって変わる

ファクタリングにおける事務手数料は、ファクタリング会社が司法書士に支払う料金のことを意味します。すべてのファクタリング会社が登記を必要としているわけではなく、登記が不要であれば、この事務手数料は発生しません。

取引の種類によっても手数料は変わる

ファクタリングには大きく、
*2社間ファクタリング
*3社間ファクタリング
という2種類の方法があります。2つのファクタリングにかかる手数料を比較すると、3社間ファクタリングの方が手数料は安いです。

2社間ファクタリングの手数料相場は10〜30%

2社間ファクタリングは、ファクタリング会社とファクタリングを利用する会社とで取引が行なわれる契約を指します。2社間ファクタリングは、ファクタリング利用会社にとっては、売掛先にファクタリングを行った事実を知られないというメリットがある一方、ファクタリング会社からすると、売掛金を回収できない恐れがあります。

そのため、手数料は高く設定される傾向にあり、相場は10〜30%です。

3社間ファクタリングの手数料相場は1〜5%

2社間ファクタリングに対して、3社間ファクタリングは、
*ファクタリング会社
*ファクタリング利用会社
*売掛先
という3社で構成されます。

このファクタリングは、ファクタリング利用会社にとってみれば、ファクタリングを行った事実を売掛先に知られてしまうというデメリットがあるのに対して、ファクタリング会社は、売掛先が信用おける企業であれば、安心して売掛金を回収できるというメリットがあります。

そのため、手数料は安く設定される傾向にあり、相場は1〜5%です。

3社間ファクタリングでも手数料が高いファクタリングがある

3社間ファクタリングは手数料が安いのが特徴ですが、医療ファクタリング、国際ファクタリングは手数料が約10〜20%と、一般的なファクタリングよりも高い傾向にあります。

医療ファクタリングは実質2社間ファクタリングとして扱われる

医療ファクタリングとは、医療機関が社保や国保連から受け取る診療報酬をファクタリング会社に譲渡する方法で、以下のように構成されます。
*医療機関
*ファクタリング会社
*社保 / 国保
ですが、社保と国保がファクタリング会社に診療報酬を譲渡することはできないため、実質、2社間ファクタリングとして扱われ、結果、約20%という高い手数料が設定されます。

国際ファクタリングは行っている企業が少ないために手数料が高く設定

ファクタリングには貿易取引を行なう国内の企業が、海外の取引先から代金を回収する際に行なわれます。
*輸出者(ファクタリング申し込み)
*ファクタリング会社
*輸入車(売掛先)
といった3社、もしくは、
*海外のファクタリング会社
を加えた4社で構成されます。

国際ファクタリングを行っているファクタリング会社は少ないため、手数料相場は、約10%と、2社間ファクタリングほどが設定されています。

手数料に含まれる掛目は返金される

ファクタリングの手数料には掛目が含まれています。
一般的に掛目とは時価を考慮して低い担保を設定することを意味します。

ファクタリングにおける掛目とは、保証金に近いものであるため、取引が滞りなく行なわれれば返金されます。

掛目は手数料同様、売掛先の信用、ファクタリングの種類によって変動しますが、きちんと取引を行えば返金される金額ですので覚えておきましょう。

  |  

  • 資金調達可能額診断
  • お問い合わせ
電話