2019年08月07日(水)

ファクタリングとは、商品やサービスを販売した後、未回収の代金を請求する権利である売掛債権に保険をかけることで、リスク回避を行うといったことができるサービスのことです。


売掛金の未回収が多いというのは、企業にとって大きな問題となっています。特に、資金繰りが悪化している企業にとって、死活問題といってもいいでしょう。そんなときに役に立つのがファクタリングです。ファクタリングは、売掛債権を売買することによって、お金を入手することのできるサービスです。ファクタリングであれば、スピーディに資金調達できるうえに、売掛金の回収義務が発生しない、保証人や担保が不要といったメリットがあります。

ファクタリングとは、商品やサービスを販売した後、未回収の代金を請求する権利である売掛債権に保険をかけることで、リスク回避を行うといったことができるサービスのことです。また、未回収の売掛金を買い取ってもらえます。そんなファクタリングには、行うことによって生じる様々なメリットが存在します。今回は、そんなファクタリングの4つのメリットを紹介していきます。

1. 最短1日で資金調達が可能なことも

ファクタリングを実際に行う際は、お金を回収する側がファクタリング会社と契約を結ぶ必要があります。そのファクタリング会社に売掛債務を売却することで、お金を回収したい企業はすぐに現金を手に入れることができます。銀行による融資とは異なり、売掛先に信用力があれば、審査に時間がかからず通りやすい傾向にあります。なかには、最短1日で振り込みを行ってくれるファクタリング会社も存在します。

2. 売掛金の回収義務がない

売掛先が支払いを放棄して夜逃げしたり、破綻したりしても、ファクタリングを申し込んだ企業には、その回収義務は発生しません。ファクタリングを行い、ファクタリング会社に一度債券を売り渡してしまえば、その後は売掛先が破綻したとしても、債権を売却した額は確保できます。

3. 融資と異なり保証人や担保が不要

資金調達の方法には、ファクタリングに加えて、銀行や信用金庫からの融資があります。どちらも企業の資金調達方法ですが、融資の場合は、保証人や担保が発生するケースがあります。

一方、ファクタリングは債券の売買という行為を行っているに過ぎず、内容としては時計や車を販売しているのと何ら変わりはありません。そのため、保証人や担保を用意する必要がなく、契約から支払いまでをスムーズに進めることができます。

また、借入ではないということは、会計上でも負債に分類されないということです。そのため、決算上で赤字になることはなく、周りへの信用面が落ちることはありません。お金がすぐに現金で手に入る方法というと、後で返さなくてはいけない義務が発生しそうに思えるかもしれませんが、あくまでファクタリングという行為は債券の売買であり、本来売掛金は回収してしかるべき金銭なので、なんら問題はないのです。

4. 2社間ファクタリングなら売掛先に気付かれずに実行できる

ファクタリングを行ってまで資金を調達しなければならないというと、取引先をはじめとした周囲から資金繰りが悪化していると思われてもおかしくありません。このように取引先から資金状況を知られたくない場合は、自社とファクタリング会社とでやりとりする2社間ファクタリングがおすすめです。

2社間ファクタリングであれば、周囲に一切の情報を与えることなくファクタリングを実行できます。これにより、売掛先に全く気付かれず、ファクタリングの契約時に売掛先の承諾を得る必要もありません。

3社間ファクタリングは手数料が安い!ただし注意も必要

2社間ファクタリングのほかに、3社間ファクタリングもあります。このファクタリングは、

*ファクタリング申し込み企業
*ファクタリング会社
*売掛先
で構成されており、2社間ファクタリングよりも手数料が安いのが特徴です。

ただし、3社間ファクタリングの場合、ファクタリング会社が、直接、売掛先から売掛金を回収します。そのため、売掛先にファクタリングを行っている事実が知られることには注意が必要です。

ファクタリングのメリットを理解して効率的に資金調達を行う

ファクタリングは融資とは異なる構造のため、スピーディな資金調達が行え、与信情報に傷がつくこともありません。また、ファクタリング契約を結んでおけば、売掛金が入ってこない場合であっても、その回収義務はファクタリング会社が負うため、資金繰りに困ることもありません。
これらファクタリングのメリットを理解して効率的に資金調達を行いましょう。

  |  

  • 資金調達可能額診断
  • お問い合わせ
電話