2019年08月07日(水)

ファクタリングによって資金を調達する際は、手数料が発生することを覚えておきましょう。



法外な手数料が発生した

ファクタリングによって資金を調達する際は、手数料が発生することを覚えておきましょう。
手数料は銀行から融資を受ける場合でも支払いますが、ファクタリングとなると、法外な手数料を請求される恐れがあります。

銀行であれば不正に法外な手数料を請求されることはありませんが、ファクタリングを行なう企業のなかには、悪質な企業があるのも事実です。

このような企業にファクタリングを申し込んでしまうと、相場以上の手数料を要求されてしまいます。

手数料を確認するうえでも相見積もりが必要

ファクタリングで発生する手数料が一般的かどうかを確認するためにも、複数のファクタリング会社に見積もりを依頼する相見積もりを取るようにしましょう。
相見積もりをとることで、どのファクタリング会社が適切な手数料を設定しているかがわかります。

資金繰りに焦ってしまい嘘の申告をしてしまう

ファクタリングを利用する理由として、資金繰りに困っているというケースがあります。そのため、なんとか資金を獲得しようと、売掛金の回収状況、売掛先の情報などを嘘の申告してしまうこともあります。

ファクタリング会社は当然、申告内容に嘘がないかを審査します。嘘の申告をして、そのことがばれてしまうと、ファクタリングが中止になり、資金調達の目処が立たなくなってしまいます。

3社間ファクタリングを選んでしまい取引先にファクタリングの事実が発覚してしまった

ファクタリングには、ファクタリング会社と申し込んだ企業で行なわれる「2社間ファクタリング」と、その2社に加え、売掛先を含んだ「3社間ファクタリング」の2種類があります。

3社間ファクタリングの場合、ファクタリング企業が売掛先から売掛金の譲渡を受けます。この際、売掛先にファクタリングが行なうことを伝え、承認を得る必要があります。仮にファクタリング実施を伝えないまま行なうと、売掛先からの信頼失墜に繋がってしまいます。

申し込んだらファクタリングではなく融資だった

ファクタリングと思い申し込んだ結果、融資だったというケースがあります。このように、ファクタリングと融資を曖昧に掲載している会社は、決して優良な会社といえず、融資においても法外な利息を要求してくる恐れがあります。

さらには、無担保・無保証で行えるはずのファクタリングにも関わらず、担保や保証人を求められることがあります。
このような会社にファクタリングを依頼するのは控えるようにしましょう。

ファクタリング会社に支払う売掛金を使ってしまう

2社間ファクタリングの場合、取引先から得た売掛金はファクタリング会社に譲渡する義務があります。

仮にファクタリング会社に渡す予定であった売掛金を使ってしまうと、悪気がなかったとしても横領に問われ兼ねません。

また、別のファクタリング会社と契約を結び、そちらに売掛金を支払ってしまうと、二重譲渡としてみなされ、横領もしくは背任の罪に問われる可能性があります。

償還請求権が契約内容に含まれていた

一般的にファクタリングには償還請求権が含まれていません。これは、ファクタリングを申し込んだ企業が売掛先から売掛金を受け取れなかったとしても、ファクタリング会社が申し込んだ企業に売掛金の請求はできないということです。つまり、取引先による支払いリスクはファクタリング会社にあるということです。

ですが、ファクタリング会社のなかには、契約書に償還請求権があることを盛り込んでいることもあります。このよう会社とファクタリングの契約を結んだ場合、取引先からの売掛金を受け取れない場合に、責任を追求される可能性があります。

資金調達までに時間がかかる

資金調達までに時間がかかってしまうというケースも、ファクタリングの失敗例として挙げられます。

特に銀行系列のファクタリング会社は審査に時間がかかるケースが多く、スムーズな資金調達を望むのであれば、おすすめできません。

  |  

  • 資金調達可能額診断
  • お問い合わせ
電話