2019年06月27日(木)

銀行の融資審査やビジネスローンに落ちてしまった会社であっても、ファクタリングであれば融資審査が通る可能性があります。



しかし、申し込みをすれば融資が受けられるというほど甘い審査ではありません。
融資審査のポイントは確実に売上が回収できるか、投資したお金がきちんと戻ってくるかの2つなので、ファクタリングから融資を受けるためには、これらの条件をクリアできることをきちんと証明する必要があるのです。
ファクタリングの融資は、銀行のようにお金を借りて利息とともに返済していくというものではなく、売掛債権を売買するという独特の融資スタイルです。
そのため、経営状態や債務情報を重視する銀行とは融資審査のポイントが違ってきます。
これを理解していないと、銀行よりも審査が緩いと言われるファクタリングでも融資が受けられなくなる可能性もあるので、ファクタリングの融資審査のポイントをしっかり押さえておきましょう。

ファクタリングの融資審査で見られる4つのポイント

ファクタリングは、売掛金を回収できないと融資した分の回収ができなくなってしまいます。
そのため、もっとも重視するのは売掛に関することです。
しかし、単純に売掛があればよいということではないため、審査のポイントとなる内容をご紹介します。

金額の大きさに関わらず定期的に発注があるか

売上と一口に言っても、シーズンによって発注数が上下するような取引や、新規の取引の場合だと、売掛金は安定していないと言えるでしょう。
どんなに高額な取引であっても、ファクタリングでは安定性のない取引は未回収リスクが高くなってしまいます。
逆に、たとえ金額は低くても、定期的に継続して発注されているのであれば、毎月の売掛金も安定するので確実な回収が見込めます。
売掛金は高ければ高いほど有利なイメージがありますが、未回収リスクの回避がより大事なので、定期的な売掛があることが重要なポイントです。

売掛先とファクタリング利用会社の信頼度が高いこと

ファクタリング会社には、売掛先からファクタリング利用会社を通して売掛金が入金されるシステムになっています。
ファクタリング会社が直接回収するわけではないので、売掛先とファクタリングを利用する会社の信頼度は、とても重要な融資審査のポイントになってきます。
どちらか一方でも信頼度が低ければ、融資審査も難しくなるでしょう。
信頼度の基準は、まず帝国データバンクや東京商工リサーチなどの機関における信用情報の点数で客観的に判断されます。
これをクリアすると、借入件数や滞納がないかなどを調べるための返済履歴のチェック、キャッシュフロー、取引期間など細かい部分で信頼度を確認していきます。
ファクタリング会社によっては、調達資金の用途や資金繰りの状況をチェックすることもあります。
信用力が認められて売掛金を確実に入金する、と判断されれば、融資審査の約9割は完了したといってもいいでしょう。
信頼度に関しては、融資を受けるために慌てて会社の体裁を取り繕ってもボロが出てしまうので、引っかかりそうな部分がある場合は事前に申告しておくのがベストです。

譲渡登記ができれば融資はほぼ確実に受けられる

売掛債権の譲渡登記が可能であれば、ほぼ確実に融資を受けられます。
譲渡登記というのは、ファクタリング会社が売掛債権を持っているという証拠になるので、たとえばファクタリング利用会社が売掛金を使い込んでしまった場合でも、第三者対抗要件によって訴訟を起こせます。
つまり、売掛金の取りこぼしのリスクがなくなるので、ファクタリング会社にとってもっとも理想的な条件となります。
また、資金繰りが厳しい企業などは、すでに他社に売掛債権を譲渡しているにも関わらず、ファクタリングを申し込んでくることがあります。
この場合は二重譲渡となってしまうため、売掛金を回収できません。
譲渡登記によって、売掛債権の所在を公的に証明できるということは、こういったリスク回避にもつながるので、ファクタリング会社も安心して融資できます。

売掛金の入金日までの日数が短いこと

当然ですが、融資をした日から売掛金の入金日までの日数が短ければ、その分未回収のリスクを軽減できるので、ファクタリング融資の審査は通りやすくなります。
また、申込みをした日から入金までの期間が短いと、さらに審査が通りやすくなるので、入金日にあわせて申請すると通りやすくなるかもしれません。
ただし、一つ気をつけたいのは売掛先です。
ファクタリングの場合、売掛先が個人事業主ではどんなに業績がよいとしても審査は通らないので注意してください。

ファクタリングの融資審査では数字以外も重視される

ビジネスという点で考えると、売掛金がきちんと回収できる見込みさえあればファクタリングで融資を受けるのは簡単、というイメージがあるかもしれません。
ですが、売掛金が回収できるというのは、結論から言うと当たり前のことであって審査の基準とは言えないのです。
ファクタリングの融資審査では、数字ではなく目に見えない部分も審査対象に入ります。
代表取締役や企業の信頼性、真面目さなどが融資の審査では大きなウエイトを占めているので、ただ数字にこだわるだけではなく、面接の際には時間を守る、虚偽の申告はしない、必要書類はすべて提出するなど、ファクタリング会社に対して誠実な対応を取っていくことも忘れないようにしましょう。

  |  

  • 資金調達可能額診断
  • お問い合わせ
電話