2019年06月04日(火)

ファクタリングを行う企業は、相手の企業から手数料を徴収することで、人件費や登記にかかる諸費用を捻出します。

手数料

しかし相手の企業の信頼度や、売掛先の状況によっては手数料が下がる可能性も。前もっていくつかの交渉材料を準備しておけば、手数料に関する交渉を行えます。

 

ただしファクタリング会社を初めて利用する場合、またはファクタリング会社の方針によっては交渉が難しくなるため、交渉可能な会社を選ぶようにしましょう。

 

ファクタリングを行う際、企業はファクタリング会社との間で手数料に関する交渉を行うことも可能です。ファクタリング会社にとって、手数料は登記などの経費に使うものですから、慎重に話し合って決めなければなりません。

ここでは、ファクタリング手数料の交渉に際して準備しておきたいポイントをまとめました。

ファクタリング手数料の交渉は可能

2社間・3社間でのファクタリングでは、現金化したい企業の信用度やリスクの状況に合わせて手数料が決められます。 この手数料を交渉すること自体は可能であり、ファクタリング会社の方針によって状況は左右されますが、交渉に応じてもらえる可能性はゼロではありません。

 

ただし、手数料は売掛債権がどれほど信頼できるか、回収の見込みがあるかによって判断されます。万が一売掛債権の信用度が低い場合はリスクを念頭に置かなければならないため、手数料を下げにくくなります。

 

特に初めてファクタリング会社を利用する場合は、ファクタリング会社側にとって信用度が把握しづらい状態にあります。いきなり現金化してほしいと言われても、まずその企業が信用に値するかをチェックしなければなりません。

 

ここで、初利用にもかかわらず手数料を下げてくれと言っても、「現金化してほしい、ついでに手数料も下げてほしい」と要求が二重になってしまうので、交渉は上手くいかない可能性が高いです。初利用の場合はまず売掛先の信頼性や返済能力についてしっかりと伝えていく必要があるでしょう。

ファクタリング手数料の交渉にあたり準備すべき5つのこと

ファクタリング手数料の交渉前に準備しておきたいことをご紹介します。

1. ファクタリング会社のウェブサイトと料金を確認する

ファクタリング会社のウェブサイトでは、2社や3社といった取引方法のほか、手数料の目安や金額が明示されている場合があります。(あえて手数料を掲載していないところもあります) 詳しく記載されていない会社は手数料のめどが立てにくい一方、交渉によって柔軟に手数料を変えてもらえる可能性もあるため、候補として入れておき後から問い合わせをすると良いでしょう。

 

手数料が書かれていても、あまりにも想定とかけ離れている場合は交渉が成立しづらいと考えられます。高すぎる手数料を少し下げてもらったところで、こちらの意図している金額まで下げてもらえる可能性は低いでしょう。

2. 複数のファクタリング会社を候補に入れる

ファクタリング会社は1社だけではなく、同時に見積もりをとって比較するようにします。そのため、1・2社ではなくできれば3・4社、多くて5社程度まで絞り込みをかけ、候補にしておきましょう。

 

複数の企業と交渉する際、見積もりがすべて同じタイミングでとれるとは限らず、なかには交渉が難航し時間がかかるケースも予想されます。そのため、5社以上にすると時間ばかりかかって、現金化までの期間が延びてしまいますので、3・4社程度が適切です。

3. 最低価格の見積もりを交渉材料にする

いくつかのファクタリング会社から相見積もりをとった後は、最低価格を一番の交渉材料にします。A社からD社まで4つに見積もりをとり、A社の手数料が最安値とすると、B社からD社までの3社には最低価格を提示します。

 

交渉がなにもない状態では難航する可能性がありますが、最低価格が提示されれば、その価格より少し下げられないか交渉する余地が生まれます。

4. 返済実績や企業の実績も交渉材料にする

ファクタリング会社にとってもっとも重視したいことは、現金化を希望している企業が本当に信頼に足るかどうかです。 そこで、過去に銀行から融資を受けた際の返済実績や、企業そのものの実績、取引先の情報などをアピール材料にする方法が役に立ちます。

 

少しでも優良企業であることを示されれば、ファクタリング会社もそこを重点的に考慮しますから、手数料を下げてもらえる可能性が出てきます。

5. どんな順序で交渉するか決めておく

どのような交渉にも共通することですが、連絡をとったところで「今すぐ手数料を下げてくれ」という要求は、相手に無謀な印象を与えます。 大切なことは、面倒な顧客と捉えられないように、話し合いの中で優良企業であることを示しつつ、その中で交渉材料を提示していくことです。

 

また、ファクタリング会社への申し込みが集中する月末期には繁忙期となり、忙しさから細かい交渉に応じてもらえない可能性がありますので、月初から20日あたりまでに手数料交渉は済ませておきたいところ。 社内でしっかりと打ち合わせを行い、順序良く交渉を進めていくようにしましょう。

相手の状況も考えつつ交渉を行いましょう

ファクタリング会社にとって、手数料は人件費や登記にかかる費用を捻出するものとなるため、大幅な値下げには応じられないという事情があります。 その点も踏まえつつ、可能な範囲内で手数料が下げられるように交渉を進めていきましょう。

  |  

  • 資金調達可能額診断
  • お問い合わせ
電話