2019年01月30日(水)

個人事業主はなかなか融資を受けづらく、必要な時に資金調達がうまくいきません。
そのせいで本来なら必要のない自転車操業に追い込まれ最悪の場合は廃業…ということもあり得ます。今後の備えにと思っている方も、そろそろ資金調達ができないと危ないという方もぜひ個人事業主向けの資金調達方法を知っておきましょう。

個人事業主の方向け資金調達は難しい

資金調達の方法といえば融資ですが、個人事業主は収入が不安定であることや経営基盤が小さいことから法人に比べて審査が厳しく融資が難しくなります。 個人事業主がお金を借りるためにはしっかりと将来性と収支状況を示すことが大切です。まずは個人事業主がお金を借りるための手段を紹介します。

個人事業主がお金を借りるためにはしっかりと将来性と収支状況を示すことが大切です。まずは個人事業主がお金を借りるための手段を紹介します。

銀行

経営者がお金を借りる場所といえば銀行ですね。
銀行は消費者金融のような総量規制がなく資金力があるため審査に通れば大きなお金を借りることが可能です。

しかし、銀行としては信頼の置ける相手にこそお金を貸したいものです。次の収入が約束されていない個人事業主にお金を貸すには会社勤めの人よりも厳しく審査されるでしょう。

もし事業融資を受けられなかった場合はまず生活費としての融資を受けるべきです。つまり支出における事業主貸の部分を補って延命を図ります。事業用の借金を生活費の補填と偽った場合は審査に落ちるのでご注意ください。

消費者金融

いざという時は経営者でも消費者金融からお金を借ります。使い道は地代家賃の支払いや従業員の給与まで様々ですが、経営者である以上はキャッシングをしてでも信頼を守らなくてはいけないのでしょう。

個人事業主の場合は経営者よりもカードローン・キャッシングが選択肢になりやすいと思われます。

消費者金融のメリットは銀行ほど厳しい審査をされないことと、最短即日融資を受けられることです。電話一本で融資を受けられることもあるし、無人契約機を使えばその場でカードを発行してもらえます。

一方で消費者金融のデメリットは金利が法定利率に限りなく近いことです。利率が高いと返済額も大きくなります。また、収入の3分の1という総量規制もあるため大金を借りることは難しいです。消費者金融を使うときは高利で借りる相当な理由が求められます。

日本政策金融公庫

日本政策金融公庫は公的な融資機関です。こちらの事業計画をもとに銀行よりも安く融資してくれますが、審査まで時間がかかるし時には厳しく事業計画署にフィードバックを受けることもあります。

以上より、普通にお金を借りる場合は消費者金融か銀行で生活費の利用目的の融資を受けることになります。

個人事業主の方でもファクタリングは受けられる

そしてお金を返すあてがあるなら売掛金を担保にできるファクタリングがオススメです。
個人事業主は債権額が大きくないことや不良債権が多くなりがちであること、債権譲渡のために登記できないことからファクタリングが難しいと言われています。

しかし当社のように個人事業主の方向けファクタリングを行なっている会社もありますから諦めずに探してみましょう。

FS東京ファクタリングなら個人事業主の方も歓迎!

FS東京ファクタリングでは個人事業主様からの問い合わせも対応しています。一般的にはまとまった債権を歓迎する傾向がある中で当社は少額でのファクタリングでも対応しています。

設立期間が短い、現在赤字決算であるというケースでも問題なくご相談を受け付けておりますので、お気軽に申し込みくださいませ。

他社のファクタリングやカードローンをご利用中の方も大歓迎です。
まずはお気軽にご相談ください。

  |  

  • 資金調達可能額診断
  • お問い合わせ
電話