2018年10月26日(金)

ファクタリングは売掛債権という「資産」を売買するサービスですので、負債を増やして資金を調達する借入とは審査基準も大きく異なります。

FS東京ではファクタリングが初めてご利用いただくお客様に、ファクタリングの種類や審査基準について事前にご理解いただいたうえでご利用をお願いしております。

ファクタリングの種類

ファクタリングには契約の主体の違いにより「2社間ファクタリング」「3社間ファクタリング」の2種類があります。ご利用の前には必ずそれぞれの契約のメリット・デメリットをご確認ください。

2社間ファクタリングとは

2社間ファクタリングは、お客者様と当社との2社間のみで結ばれる契約です。売掛先企業に知られることなくファクタリングができ、審査もスピーディーという特徴があります。「売掛金の売却事実を取引先に知られて会社の信用を失っては困る」というお客様におすすめの資金調達です。

当社は2社間ファクタリングに特化したサービスを強みとしております。

FS東京の2社間ファクタリングのメリット

売掛先企業に知られずに利用できる

2社間ファクタリングは当社とお客様の秘密厳守の契約です。売掛先企業に買取事実を通知することは一切ありません。「ファクタリングを利用したいが取引先の承諾が得られない」という場合でも全力でサポートさせていただきますのでお気軽にご相談ください

最短即日で売掛金を資金化できる

2社間ファクタリングは売掛先企業の承諾を必要としないため、スピーディーな審査が可能です。あらかじめ審査に必要な書類を揃えていただければ、最短即日の資金化も実現できます。

「明日までに従業員の給与を支払わなければならない」「仕入先への支払期日が迫っている」など、急な資金調達が必要なお客様のニーズにお応えします。

数十万円単位の小口契約に対応

当社の2社間ファクタリングは数十万円単位の売掛金から買取可能です。「ちょっとしたつなぎ資金が必要になった」というご要望にも柔軟に対応いたします。

2社間ファクタリングのデメリット

3社間に比べて手数料が高め

一般的に2社間ファクタリングの手数料は、3社間に比べて高めの傾向にあります。無担保・無保証でなおかつ取引先の承諾も不要な2社間ファクタリングは、われわれFS東京のようなファクタリング会社にとってリスクが高いと言わざるを得ないからです。

ただし、当社ではご利用いただくお客様にしっかりとヒヤリングさせていただき、良心的な手数料をご提案したします。

2社間ファクタリングはこんな方におすすめ

「売掛先企業に知られずにファクタリングしたい」「とにかく早めに資金が必要」というお客様には2社間ファクタリングをおすすめします。当社では、どうしても売掛先企業の理解が得られずにお悩みのお客様に2社間ファクタリングをご提案、契約の成立に至った事例も数多くございます。

スピード重視の資金調達をご希望でしたら、ぜひお気軽にご相談ください。

2社間ファクタリングの流れ

  • ①お客様と売掛先企業の間で売掛金の発生
  • ②お客様の売掛金を当社が買い取って資金化
  • ③売掛先企業より通常どおり売掛金が入金される
  • ④売掛金を1営業日以内に当社にお支払いいただく

3社間ファクタリングとは

3社間ファクタリングは、お客様・当社・売掛先企業の3社間で結ばれる契約です。審査では売掛先企業に売掛金買取の通知および同意が必要となるため、資金化までに時間はかかりますが、手数料を低く抑えることができます。おもに数千万円、数億円単位でファクタリングをご利用いただく大手企業のお客様に利用されている契約です。

3社間ファクタリングのメリット

2社間に比べて手数料が低い

3社間ファクタリングは売掛先企業の承諾を得て、なおかつファクタリング会社が直接売掛先企業から売掛金の回収を行いますので、2社間に比べると手数料が低めに設定されます。

数千万円以上の大口契約に対応

数千万円以上の売掛金を売却してまとまった資金を調達するなら、手数料を低く抑えられる3社間ファクタリングがおすすめです。

3社間ファクタリングのデメリット

売掛先企業の同意が必要

3社間ファクタリングは、売掛先企業の同意がなければ売掛金の買取を実行できません。「取引先の承諾がどうしても得られない」というお客様は3社間ファクタリングをご利用いただけない可能性があります。

ただし、当社ではご利用いただくお客様にしっかりとヒヤリングさせていただき、良心的な手数料をご提案したします。

2社間に比べて資金化に時間がかかる

売掛先企業様から同意が得られるまで買取の実行ができないため、アポが取れなかったりお返事がいただけなかったりする場合は資金化までにお時間がかかります。

3社間ファクタリングはこんな方におすすめ

すでに売掛先企業にファクタリングの利用について承諾を得ている場合や、とにかく調達コストを抑えたいという場合に有効です。売掛先企業様から早期に承諾が得られれば、最短2日での買取を実現できます。

3社間ファクタリングの流れ

  • ①お客様と取引先様の間で売掛金の発生
  • ②売掛先企業の同意を得て、お客様の売掛金を当社が買い取り
  • ③最短2日後に当社からお客様に入金
  • ④売掛先企業より当社あてに通常どおり売掛金の支払い

ファクタリング審査で重要視されるポイントとは

ファクタリングの審査は次の3つが重要視されています。

  • 売掛先企業の信用力
  • 売掛金の支払い期日
  • お客様のお人柄

借入の場合は利用者の返済能力が重要視されるため、債務超過や税金滞納などがあれば審査に通過することができません。一方、ファクタリングの審査では利用者よりも売掛先企業や売掛金が重視されるため、金融機関から融資を断られているお客様でもご利用いただける可能性があります。

こんな場合は審査落ちの可能性も…

次のようなケースでは審査落ちの可能性もあるため注意が必要です。

売掛先企業に倒産の可能性がある

審査では売掛先企業の調査を行います。万が一、調査で売掛先企業に倒産の可能性がある場合は、売掛金の支払い遅延や回収不能に陥るリスクを避けるため、売掛金の買い取りをお断りすることがあります。

売掛先企業との取引回数が少ない

ファクタリングの審査では、御社と売掛先企業との間に継続的な取引があるかどうかも重要視されます。たとえ売掛先企業の信用力が申し分なくても、御社との取引回数が少ない場合は売掛金の買取不可となる可能性があるのです。

売掛金回収までの期間が長い

売掛金は30日後~180日後の支払いを約束するものですが、支払いまでの期間が長ければ長いほど、業績悪化や倒産等のリスクは高まります。審査時の調査で売掛先企業の業績が下がっていたり、支払いまでの期間中に税金の納期限があったりする場合は、買い取りをお断りする可能性もあります。

審査落ちにならないためのポイント

大手企業や国の機関などと継続的に取引のある売掛金

売掛先企業の倒産リスクがきわめて低く、なおかつお客様の会社と良好で継続的な取引がなされていれば、その売掛金は当社にとって高く買い取りたい売掛金となります。複数の売掛先企業と取引がある場合、お客様にとって最も有益となる売掛金の買い取りをご提案させていただきます。

お客様のお人柄も重要

ファクタリングの審査では売掛先企業の信用力が重視されますが、当社ではさらにお客様のお人柄も重要視させていただいております。ご利用目的が資金調達であっても、結局はお客様と当社との人と人とのお付き合いです。審査の際には必ず、お客様や会社の状況についてもヒヤリングさせていただきます。

  |  

  • 資金調達可能額診断
  • お問い合わせ
電話