2019年10月10日(木)

創業融資には、創業者融資と制度融資の2種類があります。いずれも審査に時間がかかり、場合によっては融資が行われない可能性があります。一方、ファクタリングであれば、最短翌日に資金調達ができるだけでなく、融資ではないため、自社の財務状況が影響しないという特徴があります。
ただし、2社間ファクタリングを申し込んだ場合、3社間ファクタリングに比べて手数料が高くなってしまう可能性があるので注意しましょう。

創業融資には大きく2種類ある

会社を起こしたり、事業をはじめたりする際に、役に立つのが創業融資です。
創業融資には、
*日本政策金融公庫:創業者融資
*信用保証協会:制度融資
という2つの金融機関が用意するものがあります。

借入額は創業者融資のほうが多い

借入額に着目した場合、制度融資よりも創業者融資のほうがその額は多くなります。制度融資の場合、借入額が創業融資より少なくなってしまうため、経営資源を十分に確保できない可能性があります。

創業者融資は借り入れまでのスピードが早い

金融機関から融資を受ける際は、融資額と同時にどれくらいの期間で融資を受けられるかという点も大きなポイントです。日本政策金融公庫が用意する創業融資の場合、申込みから融資まで、おおよそ1ヵ月程度とされています。一方、制度融資の場合は2ヵ月以上かかることもあります。つまり、創業が2ヵ月遅れてしまい売上機会損失につながってしまいます。

創業融資は審査によっては落ちることがある

創業融資は金利こそ民間の金融機関と比べると低く設定されていますが、民間金融機関同様、融資可能かどうかの審査が用意されています。そのため、審査の結果によっては融資が行われない可能性もあるでしょう。

必要書類も多い

創業者融資、制度融資ともに、借り入れの申し込みには必要書類が多数あり、必要書類に不備があった場合、融資は実行されません。

また、必要書類の準備に加えて、その後の面談もあり、面談では具体的な事業計画を伝える必要があります。

創業融資に不安があるならファクタリングを活用

創業融資は融資であるため、審査に落ちてしまっては、当然融資を受けられません。このように財務状況に不安が残っているのであれば、創業融資ではなく、ファクタリングを検討してみましょう。ファクタリングは売掛金さえあれば、資金調達が可能です。

ファクタリングは最短翌日に資金調達可能

ファクタリングは融資ではないため、審査基準が融資とは異なります。そのため、融資よりもスピーディに資金調達が可能。最短翌日に資金が調達できることもあります。

ファクタリングの審査対象は売掛先

ファクタリングの仕組みは、ファクタリングを申し込んだ企業が、自社の売掛金をファクタリング会社に譲渡することで、そのリターンとしてファクタリング会社が売掛金の一部を申し込み企業に支払うようになっています。

つまり、ファクタリング会社にとっては、いかに売掛金を回収できるかが大切になってきます。そのため、ファクタリング会社はファクタリングを申し込んだ企業ではなく、その売掛先が売掛金を支払える財務状況かを審査します。

ファクタリングであれば、自社の財務状況は融資審査ほど厳しく見られることは少ないといえます。

ファクタリングは借り入れがあっても問題ない

融資の場合、次のような条件では審査が通らない可能性があります。
*他の金融機関からの借り入れが多い
*税金を滞納している
*延滞が多い
ですが、ファクタリングであれば、融資ではないため、金融機関から借り入れがある、支払いの延滞があるといった条件でも、口座差し押さえのリスクがなければ資金が調達できます。

ファクタリングは追加の資金調達が可能

融資の場合、すぐに追加融資を申し込んでも、それが通ることは難しいとされています。ですが、ファクタリングであれば、別の売掛金さえ用意できれば、追加での資金調達が可能です。

注意!ファクタリングは手数料が発生する

ファクタリングは融資に比べてスピーディに資金調達が可能ですが、手数料が発生することを覚えておきましょう。手数料は、ファクタリングの種類によって異なりますが、ファクタリングを申し込んだ企業には、手数料を差し引いた金額が支払われます。

3社間ファクタリングの方が手数料は抑えられる

ファクタリングは大きく、
*2社間ファクタリング
*3社間ファクタリング
という2つに分けられます。2社間ファクタリングの場合、ファクタリング申し込み企業とファクタリング会社と売掛金のやり取りが行われるのに対して、3社間ファクタリングは、それに加えて、売掛先企業が組み込まれます。

両者は手数料に差があり、3社間ファクタリングのほうが手数料は安くすみます。この理由は、2社間ファクタリングの場合、ファクタリング申し込み企業が、売掛金を譲渡しない、ひとつの売掛金を多数のファクタリング会社に譲渡するというリスクがあります。ファクタリング会社にとっては、このようなリスクを抑えるためにも、手数料を高く設定しています。

【まとめ】資金調達はファクタリングを検討してみる

資金調達をする際に、創業融資を申し込もうという企業は多くあります。ですが、創業融資は、審査に通らない、追加融資が難しいといったデメリットがあります。このようなデメリットを避けるためにも、ファクタリングによる資金調達を検討しましょう。ファクタリングであれば、今後の融資にも影響しないため、将来を見据えた資金調達が可能です。

  |  

  • 資金調達可能額診断
  • お問い合わせ
電話