2019年09月04日(水)

ファクタリングは売掛金をファクタリング会社に買い取ってもらうことで資金を調達する方法です。手数料が発生しますが、融資とは異なり、利息がかからない、毎月の返済が発生しない、その後の融資に影響を及ぼさないといったメリットがあります。

ファクタリングは売掛金を買い取ってもらう

ファクタリングは資金調達のひとつとして知られています。資金調達といっても融資とは異なります。

融資の場合は借りる金額に応じて利率が設定されており、その利息を加味した返済金額を毎月支払っていきます。

一方、ファクタリングの場合は、以下のような仕組みで資金が手に入ります。

*ファクタリング申し込み会社:ファクタリング会社に売掛金を譲渡
*ファクタリング会社:売掛先から売掛金を回収

この仕組からわかるとおり、ファクタリングとは、売掛金をファクタリング会社に譲渡して資金を得る方法です。

ファクタリングには手数料が発生する

ファクタリングは売掛金をファクタリング会社に譲渡して、売掛金が手に入る前に資金を調達する方法です。 融資のように金利や返済の義務が発生しないため、魅力的な資金調達方法として挙げられます。 ですが、ファクタリングは、回収された売掛金の一部から手数料がひかれます。 そのため、売掛金全額を手にできるというわけではないことを覚えておきましょう。

ファクタリングの仕組みからみる検討すべき企業

ファクタリングという融資ではない資金調達という仕組みから、検討すべき企業がわかります。 以下のような企業はファクタリングを検討しましょう。

*金融機関からの融資が難しい *売掛金の支払いサイクルが長い *取引先やメインバンクに知られずに資金を調達したい

ファクタリングはその後の融資に影響を与えない

ファクタリングは融資ではないことが特徴です。
融資の場合、条件によっては複数回の融資を受けられないことがあります。
ですが、ファクタリングは融資としてカウントされないため、その後の資金繰りに影響を及ぼす心配がありません。

最短即日に資金調達できる

企業には、すぐにでも資金が必要になることがあります。
そのため、売掛先からの支払い(売掛金の支払いサイクル)が長いと、資金繰りに窮してしまいます。
そのような企業にもファクタリングは効果的です。ファクタリングのなかには、最短即日に資金調達できるものもあり、急な出費にも対処できます

ファクタリング会社を選ぶ際の注意点

ファクタリングはその仕組から、資金を早急に調達できるため、正しく行えば有効な手段です。ですが、間違ったファクタリング契約を結んでしまうと、失敗につながってしまいます。

1. ヒアリングがきちんと行なわれるか

ファクタリングを申し込み際は、ファクライング会社がきちんとヒアリングを実施するかどうかを確認しましょう。
ヒアリングを行なわないファクタリング会社に申し込んでしまうと、その後のトラブルに発展しかねません。

ヒアリングでは以下のようなことが聞かれます。 *会社名・規模・資本金
*業種
*売掛先会社名
*希望する入金時期
*希望金額
*資金の使用目的

2. 契約内容でわからないことは確認する

ファクタリングの契約を結ぶ際は、わからない仕組みや用語は必ず確認しておきましょう。
悪質なファクタリング会社の場合、契約書類の控えを用意しないところもあります。契約書を渡されていないにも関わらずファクタリング契約を結んでしまうと、その後、不利な条件に気づいたところで、契約破棄が難しくなってしまいます。

3. 法外な手数料でないかどうか

ファクタリングの特徴は、返済金が発生しないところですが、その代わりに手数料が発生します。
ファクタリングで求められる手数料は法的に定められているわけではありません一般的に最大20%ほどの手数料が相場とされています。
ですが、悪質なファクタリング会社のなかには、30〜40%という法外な手数料を要求してくるところもあります。
このようなファクタリング会社を避けるためにも、複数のファクタリング会社に見積を依頼するのが望ましいといえます。

4. 手数料以外にも必要な費用がある

ファクタリングには手数料以外の諸経費が発生します。
*審査手数料・事務手数料
*印紙代
*債権譲渡登記費用

これらの費用以外にも、債権譲渡登記を司法書士に依頼した場合は、その報酬を支払う必要があります。

  |  

  • 資金調達可能額診断
  • お問い合わせ
電話