ファクタリングの手数料はどうやって決まる?

2019年08月07日(水)
ファクタリングの手数料は売掛先の信用、取引される金額、事務手数料といった3つの要因に加え、2社間ファクタリング、3社間ファクタリングで手数料が異なります。 ファクタリングの手数料は売掛先の信用、取引される金額、事務手数料といった3つの要因に加え、2社間ファクタリング、3社間ファクタリングで手数料が異なります。2社間ファクタリングの場合、10〜30%が、3社間ファクタリングの場合は1〜5%が手数料の・・・

記事を読む »

ファクタリングのメリット

2019年08月07日(水)
ファクタリングとは、商品やサービスを販売した後、未回収の代金を請求する権利である売掛債権に保険をかけることで、リスク回避を行うといったことができるサービスのことです。 売掛金の未回収が多いというのは、企業にとって大きな問題となっています。特に、資金繰りが悪化している企業にとって、死活問題といってもいいでしょう。そんなときに役に立つのがファクタリングです。ファクタリングは、売掛債権を売買することによ・・・

記事を読む »

ファクタリングのデメリット

2019年08月07日(水)
ファクタリングとは、未回収である売掛債権の販売や売掛債権に保険をかけることによる、リスク回避などを実施できるサービスのことです。 売掛金の未払いは、企業にとって非常に甚大な問題になっています。そんなときに用いられるのがファクタリングです。ファクタリングは、資金をすぐに回収できるため資金繰りが悪化している企業にとっては、非常に魅力的な方法です。しかし、よい方法には裏があり、無視することができないデメ・・・

記事を読む »

ファクタリングとビジネスローンの違い

2019年08月07日(水)
ファクタリングであれば信用情報機関へ登録されませんが、ビジネスローンは登録されるため、その後のローン組みなどに影響します。 ファクタリングとビジネスローンはいずれも資金調達の方法です。ファクタリングは審査の対象となるのが売掛先企業なのに対して、ビジネスローンはローンを申し込んだ企業の債務状況が審査対象です。また、ファクタリングであれば信用情報機関へ登録されませんが、ビジネスローンは登録されるため、・・・

記事を読む »

ファクタリングで失敗しない為に

2019年08月07日(水)
ファクタリングによって資金を調達する際は、手数料が発生することを覚えておきましょう。 法外な手数料が発生した ファクタリングによって資金を調達する際は、手数料が発生することを覚えておきましょう。 手数料は銀行から融資を受ける場合でも支払いますが、ファクタリングとなると、法外な手数料を請求される恐れがあります。 銀行であれば不正に法外な手数料を請求されることはありませんが、ファクタリングを行なう企業・・・

記事を読む »

与信限度更新とファクタリング

2019年06月27日(木)
与信限度は、正しく設定しないと貸し倒れのリスクが高まるため、更新をするときには売掛債権の回収状況をしっかり把握しなくてはいけません。 与信限度額に余裕を持たせすぎると逆に取引が中止となる場合もある一方で、限度額が甘いと自社の損失は大きくなります。つまり与信限度額は双方にとって相打ちぐらいに設定し、貸し倒れのリスクは第三者に請け負ってもらえるようにファクタリングを検討するのがベストです。 与信取引で・・・

記事を読む »

融資審査のポイントを解説

2019年06月27日(木)
銀行の融資審査やビジネスローンに落ちてしまった会社であっても、ファクタリングであれば融資審査が通る可能性があります。 しかし、申し込みをすれば融資が受けられるというほど甘い審査ではありません。融資審査のポイントは確実に売上が回収できるか、投資したお金がきちんと戻ってくるかの2つなので、ファクタリングから融資を受けるためには、これらの条件をクリアできることをきちんと証明する必要があるのです。 ファク・・・

記事を読む »

ファクタリング手数料を抑える方法2

2019年06月27日(木)
ファクタリングの手数料を抑えるポイントは、ファクタリングの種類を正しく把握しておく、どのように手数料が決まるかを知る、交渉をすることの3つで、これら全てを実践する必要があります。 短期間で融資が受けられるファクタリングはその分手数料が高く設定されているので、面倒であっても、1つずつクリアして手数料をできるだけ抑えましょう。 どのような契約であっても手数料はかかるものですが、ファクタリングの手数料は・・・

記事を読む »

ファクタリング手数料の交渉準備2

2019年06月27日(木)
ファクタリングの手数料は、売掛債権の規模や会社の社会的な信頼性、売掛金の回収状況によって金額が変わってきますが、手数料の変動にもう1つ関係するのが交渉です。 交渉することで、提示された手数料を下げられる可能性があります。そのためには、今までの入金履歴や取引契約書、借入をして完済したことがある場合は過去の返済実績を証明する書類などが必要です。 ファクタリングを検討している場合は事前に交渉の準備をして・・・

記事を読む »

ファクタリング向きの企業とは

2019年06月27日(木)
ファクタリングは、銀行融資やビジネスローンと比べると融資審査が通りやすいので、資金調達をしたい企業にとってはとても利便性が高いものの、売掛債権に手数料がかけられるため、利益率が低い収益構造の企業には不向きです。 一方、利益率が高い収益構造の企業であれば、ファクタリングを利用したとしても収益に対して大きな影響は与えませんし、逆に銀行融資やビジネスローンの金利の方が高くついてしまうこともあります。 本・・・

記事を読む »

ファクタリング利用の多い業界は?

2019年06月04日(火)
建設業や運送業など突発的な状況の変化が起きやすい業種や、IT業など人件費がかさむ業種、介護業や人材派遣業のような入金までのスパンが長い業種については、特にファクタリングが利用される傾向にあります。 いずれもファクタリングの利用によって現金収入が確保できるため、資金繰りが悪化しそうなタイミングや、人件費の前払い、突然の経費の発生にも備えられ、柔軟な対応が可能になります。 ファクタリングサービスはさま・・・

記事を読む »

ファクタリング手数料を抑える方法

2019年06月04日(火)
ファクタリングにかかる手数料は、取引の形態や信用度によって変動します。手数料を抑えるためのポイントとしては、与信状況に不安点がない場合が第一に挙げられます。 不安点が大きいとその分回収リスクが高いと判断されるため、手数料が高くなる傾向にあります。 また、2社間でのファクタリングよりも売掛先を含めた3社間ファクタリングなら回収の見込みが高いと判断されるため、手数料を安く抑えられる可能性があります。 ・・・

記事を読む »

ファクタリング手数料の交渉準備

2019年06月04日(火)
ファクタリングを行う企業は、相手の企業から手数料を徴収することで、人件費や登記にかかる諸費用を捻出します。 しかし相手の企業の信頼度や、売掛先の状況によっては手数料が下がる可能性も。前もっていくつかの交渉材料を準備しておけば、手数料に関する交渉を行えます。   ただしファクタリング会社を初めて利用する場合、またはファクタリング会社の方針によっては交渉が難しくなるため、交渉可能な会社を選ぶ・・・

記事を読む »

ファクタリングを利用すればリスク管理を行える

2019年06月04日(火)
企業にとって、売掛金の焦げ付きによる資金繰りの悪化は経営を続けるうえでの不安要素の一つ。 そこで、すばやく売掛金を現金化できるファクタリングという取引が登場しました。ファクタリングには大きく「買取型」と「保証型」の2種類に分けられ、すばやい資金調達を目的とするものは買取型に分類されます。売掛先の企業が倒産するリスクに備える保証型と併せてファクタリングサービスを使い分け、経営に活かしましょう。 &n・・・

記事を読む »

ファクタリングを装う危険な闇金業者

2019年06月03日(月)
ファクタリングは売掛債権を売却して現金化するシステムですが、一部で法外な手数料を徴収して利益を得る闇金業者が横行しています。 闇金業者は無登録営業や即決での契約を迫るといった不審な点が多く、正当な金融業者ではないケースが多くみられます。あとから法外な手数料を提示されないように予防するためには、ファクタリング会社を探すうえでのポイントを心得つつ、闇金業者ではない正規のファクタリング会社を探しましょう・・・

記事を読む »

ファクタリングに消費税は発生する?

2019年01月30日(水)
今年にはもう消費税が8%から10%へ。着実に増税時期が近づいてきており、対策に苦慮している事業主様も多いことでしょう。 税を間違いなく計上するための設備投資やマニュアル作成などやるべきことは多々あります。そのための資金調達も必須ですが、なかなか難しいという声も聞かれます。 また、資金調達としてファクタリング利用を検討している方にはファクタリングの消費税についても疑問に思われる方も多いです。端的にい・・・

記事を読む »

  • 資金調達可能額診断
  • お問い合わせ
電話