ファクタリングって何?

lp8pic

ファクタリングは売掛債権を効率的に使った資金調達方法です。
事業資金、運転資金、つなぎ資金など、お急ぎの資金調達に有効活用いただけます。
サービスをご利用いただく前に、まずは売掛債権や売掛金とはどういうものなのか、ファクタリングとはどのようなサービスなのか、事前にご理解いただくことが重要です。

lp1-1pic

ファクタリングをご利用いただくには、未回収の売掛債権があることが大前提です。
会社が商品やサービスを取引先に納品・提供する際、即座に現金と交換されることはほとんどありません。
一般的には、商品・サービスを受け取ってから1ヶ月~1年後に代金の受け取り・支払いを約束する「掛取引」を行います。
商品・サービスの代金の支払期日までの猶予期間を「支払いサイト」と言い、「後で支払いを受ける権利(資産)を「売掛債権」、その代金のことを「売掛金」と言います。

ファクタリングとは

lp1-2pic

支払いサイトの間も、会社では仕入先への材料費や従業員の給与などの資金が必要です。
売掛金の支払いを待っている間に事業資金が不足して資金繰りが困難になると、税金の支払い、仕入先や従業員への支払いなどが滞ってしまい、最悪の場合は倒産の危機に陥ってしまいます。
銀行からの借入や社長様の個人資産(貯金など)の切り崩しで現金が調達できれば、一時的に窮地を脱することはできるかもしれません。
しかし、銀行の融資や増資に期待できない場合や、個人資産でもカバーできない場合はどうしたら良いのでしょうか?
そこで、急な資金需要に対応できる資金調達方法が「ファクタリング」です。

ファクタリングとは、取引先(売掛先)の売掛金をファクタリング会社に買い取ってもらい、入金期日前に資金化することができるサービスです。
売掛金を資金化するためには手数料が発生しますが、私どもFS東京株式会社では、買い取る売掛金の額面に対して3%~と良心的な手数料設定ですので安心してご利用いただけます。
さらに、ファクタリングは銀行等の融資とは異なり、審査がスピーディーに行われ、最短で即日の資金調達が可能です。
しかも、融資のように負債を増やすような資金調達方法ではなく、売掛債権という「資産」をファクタリング会社に売却して現金を得る方法ですので信用情報がブラックの方でもご利用いただけます。
売掛金を売却するファクタリングは安心で安全な新しい資金調達方法として、経済産業省も推奨しています。
参考:http://www.chusho.meti.go.jp/kinyu/urikake_panhu2.htm

3社間ファクタリングとは

ファクタリングの契約には、お客様・取引先様・ファクタリング会社の3社間で行う「3社間ファクタリング」と、お客様・ファクタリング会社の2社間で行う「2社間ファクタリング」があります。

3社間ファクタリング

3社間ファクタリングの特長

  • 手数料が低め
  • 取引先企業の同意が必要
  • 債権管理業務の負担が軽減される

3社間ファクタリングは取引先企業の同意を得たうえで行う契約です。
ファクタリング会社が取引先企業へ売掛金の支払い請求を直接行うため、お客様は債権管理業務の負担の軽減を図ることができます。
さらに、手数料の安い契約として、主に大企業のお客様が3社間ファクタリングをご利用になる傾向があります。

2社間ファクタリングとは

lp3-2pic

2社間ファクタリングの特長

  • 最短即日の入金が可能
  • 取引先企業の同意不要
  • 中小企業・個人事業でも利用可

ファクタリングの「売掛金の買い取り」というサービスは、取引先企業にしてみると取引相手への信用不安を抱いてしまう側面もあります。 2社間ファクタリングは取引先企業の同意を得る必要のない契約ですので、取引先に売掛金売却の事実を知られることなく資金調達をしたいお客様におすすめさせていただいております。

lp3-1

一時的に資金が足りない

lp3-arrowファクタリングは最短で即日の資金調達が可能ですので、一時的な事業資金の不足に対応できます。

lp3-2

取引先の入金サイクルが合わない

lp3-arrow弊社に売掛金を債権譲渡いただければ、取引先の入金期日前に資金調達ができます。

lp3-3

事業拡大のためまとまった資金が必要になった

lp3-arrow弊社では最短1日で5000万円までの資金調達が可能ですので、事業拡大のためのまとまった資金需要にもご対応いただけます。

lp3-4

銀行融資やビジネスローンの審査が通らなかった

lp3-arrowファクタリングの審査はお客様の信用力よりも「売掛先の信用力」を重視しますので、銀行融資やビジネスローンの審査が通らなかった方でもご利用いただけます。

lp3-5

追加融資を受けられない

lp3-arrow銀行等で追加融資を受けられなかった方でもご利用可能ですので、お気軽にご相談ください。

lp3-6

税金滞納中で信用情報に不安がある

lp3-arrow未回収の売掛金があれば、各種税金を滞納されている方でも資金調達が可能です。

lp3-7

不動産や連帯保証人など担保がない

lp3-arrowファクタリングは担保・保証人を必要としない資金調達方法です。
入金期日前の売掛金がありましたら、お気軽にご相談ください。

lp4pic

銀行融資など他の資金調達方法と比べると審査のスピードが早く、信用情報にも影響を与えないと言ったさまざまなメリットがファクタリングにはありますが、その反面、見過ごすことのできないデメリットもあります。

lp5pic

ファクタリングは、売掛金や状況に応じた手数料が発生します。

弊社ではファクタリングの手数料を買取額に対して「3%~」よりご提供させていただきます。
ご状況・ご要望により手数料が変動しますので、詳しくはお問い合わせください。

※2社間ファクタリングと3社間ファクタリングでは、3社間の方が手数料を低く抑えることができます

lp6pic

1. 印鑑証書
2. 売掛金の請求書
3. 登記簿謄本

その他、審査によって必要書類が異なります。担当よりご案内させていただきますので、お急ぎの方は事前にお問い合わせください。

lp7pic

お問合せからご契約・資金化まで、ファクタリングご利用の流れについてご説明します。

ファクタリングと銀行融資の違い

lp8pic

資金調達方法と聞くと、多くの方が銀行融資をイメージされるかと思いますが、売掛金を売却するファクタリングとはどのような違いがあるのでしょうか?

以下の項目で比較しながら説明していきます。

資金調達までのスピード

ファクタリングのほうが銀行融資に比べて資金調達が早い!

lp8-1pic

銀行融資の申し込みでは、本人確認書類、収入証明書類、事業関連書類等が必要書類となります。融資の種類によっては、「確定申告書」や「課税証明書」などの収入証明書類が2期以上必要になる場合もあります。
さらに、審査では融資担当者が利用者の信用情報や書類等を確認して、融資の可否や融資額を決定する時間が必要となるため、融資実行まで時間がかかってしまいます。
ファクタリングの場合、売掛先企業や売掛債権の種類を審査し、買取可能と判断すればすぐにでも債権譲渡の契約に移行できます。
あらかじめ必要書類を揃えた上でお申し込みいただければ、最短で即日の資金調達も可能です。

審査の基準

審査は売掛先企業の信用力を重視、信用情報に不安がある方でも利用可!

lp8-2pic

銀行融資の審査では、利用者本人の信用力、返済能力が重視されるため、事業規模の小さい企業は審査に通りにくく、すでに借入があったり、過去に延滞や滞納などがあったりした場合は融資を断られる可能性も高くなります。
ファクタリングの審査は売掛先企業の信用力や売掛債権の種類を重視するため、銀行融資を断られた方や、各種税金を滞納されている方でもご利用いただけます。

信用情報への影響

ファクタリングは信用情報に一切影響しません!

lp8-3pic

銀行融資では、審査の際に必ず信用情報が照会されますので、すでに複数社から借入があったり、過去に延滞や滞納の事実があったりすれば、審査の通過が難しくなります。
また、審査を通りやすくしたり、融資額を増やしたりするためには、担保や保証人を必要とする場合があります。
ファクタリングは売掛金という資産を受渡しする「債権譲渡契約」ですので、融資とは異なる資金調達方法です。
信用情報を照会することもなければ、担保や保証人を必要とすることもありませんので、信用情報に不安がある方でもご利用いただけます。

手数料

銀行融資の手数料は「金利」、ファクタリングの手数料は「掛目」

lp8-4pic

ファクタリングの手数料は1%~30%と、ファクタリング会社によって、売掛先企業の信用力によって、あるいは2社間か3社間かによっても幅があります。
銀行融資の手数料と比較すると非常に高い印象がありますが、そもそも銀行融資とファクタリングの手数料は種類が違うため、一概に比較はできません。
ただし、ファクタリングはあくまでも一時的な事業資金不足を補填する資金調達方法ですので、資金繰りの健全化が見込めるかどうかを判断してからご活用ください。
弊社ではファクタリングの手数料を「3%~」からご提供させていただきます。

  • 資金調達可能額診断
  • お問い合わせ
電話