事業資金の早期調達なら、FS東京におまかせください!
ファクタリングは売掛債権・売掛金を有効活用して資金化するサービスです。
弊社では売掛金を業界最低水準の 【手数料3%~】
【高額買取】 【最短即日】 【秘密厳守】 の資金調達をご提案
いたします。
急ぎの資金調達が必要な中小企業の経営者様、個人事業主様も信用情報を気にせずご利用いただけます。

FS東京ファクタリング5つの特徴

特徴1東京駅から徒歩1分の好立地

20746548

弊社所在ビルは東京駅八重洲北口から徒歩1分の場所にございます。JR線、東京メトロ各線、新幹線でお越しの方のアクセスに便利な場所ですので、さまざまな地域よりご来店いただきやすくなっております。ビジネスに忙しい経営者様のお手間をかけずにサービスをご利用いただけます。

特徴2全国各地に対応できる柔軟性

38782637

お客様の中には、「会社近くのファクタリング会社だと、近隣に知られそうで不安…」という理由で、あえて遠方より弊社にご利用いただくケースも多くなっております。弊社は北海道から沖縄まで全国各地のお客様にご利用いただいておりますのでお気軽にご相談ください。

特徴33%~良心的な手数料で安心

31807827

弊社では売掛金の買取額に対して、業界最低水準の手数料「3%~」と、良心的な手数料を設定しファクタリングをご提案いたします。売掛金の買取額や手数料、債権や審査のご相談・お見積りまで、できる限り即日回答で、メリット・デメリットをお伝えすることが可能です。お急ぎの方はお電話にてお気軽にお問合せください。

特徴42社間ファクタリングにも対応

28306997

2社間のファクタリング契約であれば、取引先企業様に債権譲渡の事実を知られることなく売掛金の売却、資金調達が可能ですので、取引先との信用不安を心配される方や、取引先の承諾がどうしても得られなかった方などに弊社にてファクタリングのサービスをご好評いただいております。

特徴5経営向上のファクタリング提案

29740727

ファクタリングは負債を増やす借入とは異なり、売掛債権を有効活用する安心・安全な資金調達方法として経済産業省も推奨する資金調達方法です。弊社は財務コンサルティングのプロとして、ファクタリングご利用のお客様の資金繰りを改善、経営向上のお役に立てるプランをご提案いたします。

コンテンツ紹介

ファクタリングとは?

6599136

そもそもファクタリングとはなんなのか。資金調達方法なのか?といった、基本的な事から丁寧に解説します。

銀行融資と比較して分かりやすく解説します。初めてファクタリングをご利用いただく方はこちらをご確認ください。

メリット・デメリット

29640053

ご利用いただく際に把握していただきたいメリット・デメリットについて詳しく解説します。

売掛金の売却実績の通知は?審査から資金調達までの時間など、ファクタリングで気になるポイントをまとめてご紹介します。

ご利用の流れ

39889531

ファクタリングのお申込みから審査、入金までの手続きの流れを説明しています。

売掛金や必要な資金調達の金額をヒアリングし、債権の審査から入金の時期までステップごとの説明はこちら。

Q&A

31321036

ファクタリングについてよくある質問をQ&A形式でまとめています。

申請から審査に必要な書類の紹介、気になる手数料の目安や担保や保証人など、ファクタリングに興味をお持ちの方へ向けたお役立ちQ&Aです。取引前の事前知識としても活躍しますので是非お読みください。

会社概要・アクセス

23731529

弊社の電話番号やアクセスはこちらをご覧ください。

お申込み・お問合せ

23983947

メールでのお申込み・お問い合わせはこちらから。

個人情報保護方針

23208966

弊社のプライバシーポリシーについてはこちら。

7項目の入力のみ!できる限り即日ご回答します!

ご希望金額
翌月売掛金
御社名
都道府県
お名前
お電話番号
メールアドレス

契約時必要書類:印鑑証書・請求書・登記簿謄本
※審査によって必要書類が異なりますので担当よりご案内いたします

利用事例ブログ

広告代理店業 ファクタリング事例

2018年12月20日

代表 48歳 社員数 15人 月商 600万円 債権譲渡金額 80万円 契約迄の時間 3日 電通や博報堂と違って、地元を中心に広告を掲載するメディアプランニングを行っている小さな企業です。 社員総出で新規開拓を行いつつ、月商は600万円ほどと同業他社よりは恵まれた環境ですが、リスティング広告やSNSの普及に伴い広告業界も大きな変革期がやってきており浮き沈みがあることは確かです。 先日、月末納期の広・・・

» もっと見る

建築業 ファクタリング事例

2018年11月20日

代表 46歳 社員数 8人 月商 500万円 債権譲渡金額 70万円 契約迄の時間 2日 建設業の中でも足場系をメインに受注しており、小さいながら安定して下請け工事を受注しており、月商はおよそ500万円と恵まれた環境でした。そんな我が社がファクタリングを希望したのは売上はコンスタントにあるものの、実際に現金が入ってくるまでの期間が非常に長い業界体質が災いしたためです。 材料や人件費はすぐに支払うた・・・

» もっと見る

アパレル業 ファクタリング事例

2018年10月26日

代表 42歳 社員数 100人 月商 9,000万円 債権譲渡金額 800万円 契約迄の時間 2日 若い女性をターゲットとしたファッションブランドのOEM生産を行っており、10ブランド前後の洋服を生産しているkさん。 年商は20億円ほどですがサイクルが早く、在庫を抱える業界のため資金繰りに余裕がない経営を続けていました。季節や流行によって生産する服が異なるため年間を通して忙しいですが、生地が厚手に・・・

» もっと見る

雑貨卸売・小売業ファクタリング事例

2018年09月28日

代表 56歳 社員数 25人 月商 2,500万円 債権譲渡金額 500万円 契約迄の時間 2日   20~30代の女性をターゲットとした雑貨の卸売・小売を行っていますが、北欧やキャラ物など人気が移り変わるサイクルが早く、ギフトシーズンには特に慌ただしい業界です。月商は2,500万円程ですが、キャッシュはギリギリというシビアな経営をしています。 それでもWEBマーケティングを活用し、業績・・・

» もっと見る

コラム

ファクタリングの手数料はどうやって決まる?

2019年08月07日

ファクタリングの手数料は売掛先の信用、取引される金額、事務手数料といった3つの要因に加え、2社間ファクタリング、3社間ファクタリングで手数料が異なります。 ファクタリングの手数料は売掛先の信用、取引される金額、事務手数料といった3つの要因に加え、2社間ファクタリング、3社間ファクタリングで手数料が異なります。2社間ファクタリングの場合、10〜30%が、3社間ファクタリングの場合は1〜5%が手数料の・・・

» 記事詳細へ

ファクタリングのメリット

2019年08月07日

ファクタリングとは、商品やサービスを販売した後、未回収の代金を請求する権利である売掛債権に保険をかけることで、リスク回避を行うといったことができるサービスのことです。 売掛金の未回収が多いというのは、企業にとって大きな問題となっています。特に、資金繰りが悪化している企業にとって、死活問題といってもいいでしょう。そんなときに役に立つのがファクタリングです。ファクタリングは、売掛債権を売買することによ・・・

» 記事詳細へ

ファクタリングのデメリット

2019年08月07日

ファクタリングとは、未回収である売掛債権の販売や売掛債権に保険をかけることによる、リスク回避などを実施できるサービスのことです。 売掛金の未払いは、企業にとって非常に甚大な問題になっています。そんなときに用いられるのがファクタリングです。ファクタリングは、資金をすぐに回収できるため資金繰りが悪化している企業にとっては、非常に魅力的な方法です。しかし、よい方法には裏があり、無視することができないデメ・・・

» 記事詳細へ

ファクタリングとビジネスローンの違い

2019年08月07日

ファクタリングであれば信用情報機関へ登録されませんが、ビジネスローンは登録されるため、その後のローン組みなどに影響します。 ファクタリングとビジネスローンはいずれも資金調達の方法です。ファクタリングは審査の対象となるのが売掛先企業なのに対して、ビジネスローンはローンを申し込んだ企業の債務状況が審査対象です。また、ファクタリングであれば信用情報機関へ登録されませんが、ビジネスローンは登録されるため、・・・

» 記事詳細へ

ファクタリングで失敗しない為に

2019年08月07日

ファクタリングによって資金を調達する際は、手数料が発生することを覚えておきましょう。 法外な手数料が発生した ファクタリングによって資金を調達する際は、手数料が発生することを覚えておきましょう。 手数料は銀行から融資を受ける場合でも支払いますが、ファクタリングとなると、法外な手数料を請求される恐れがあります。 銀行であれば不正に法外な手数料を請求されることはありませんが、ファクタリングを行なう企業・・・

» 記事詳細へ

与信限度更新とファクタリング

2019年06月27日

与信限度は、正しく設定しないと貸し倒れのリスクが高まるため、更新をするときには売掛債権の回収状況をしっかり把握しなくてはいけません。 与信限度額に余裕を持たせすぎると逆に取引が中止となる場合もある一方で、限度額が甘いと自社の損失は大きくなります。つまり与信限度額は双方にとって相打ちぐらいに設定し、貸し倒れのリスクは第三者に請け負ってもらえるようにファクタリングを検討するのがベストです。 与信取引で・・・

» 記事詳細へ

新着情報

  • 資金調達可能額診断
  • お問い合わせ
電話